2016年04月04日

「体感治安」 その1

刑法犯認知件数が戦後最少に

昨2015年、戦後42年ぶりに「刑法犯認知件数」が最少の約109万件を記録しました。

※これまでの最少は1973年の119万549件、最多が2002年の約285万件でした。

 

これだけ犯罪が減っているのに治安は良くなっていると思えないのはなぜでしょうか?

 

刑法犯認知件数と検挙率グラフ.jpg

出典:内閣府「治安に関する特別世論調査」

 

肌で感じる治安「体感治安」

「なんか変な事件が多いよね」とか、「物騒な世の中になったね」とか……
肌を通して治安の良し悪しが伝わる感覚を「体感治安」と言います。

感覚は正直なものです。これを機会に、身の回りで起きていることに目を向けてみませんか?

 

犯罪情報をメールで届ける警視庁の「メールけいしちょう」

警視庁は、地域で発生した「犯罪発生情報」や犯罪を防ぐために必要な「防犯情報」などをメールでお知らせするサービス「メールけいしちょう」を提供しています。

ぜひ登録して、被害に遭わないよう情報を活用してください。

メールけいしちょう:http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/about_mpd/joho/mail_info.html

 

次回はさらに詳しく「体感治安」について考えていきたいと思います。